Home » ボランティア情報




ボランティアとは?

ボランティアとは

「ボランティア」の語源は、ラテン語でボランタス(自由意志)、フランス語ではボランテ(喜び精神)、英語では「自発性 に裏付けられた奉仕者、篤志家」とされています。これらの意味から、ボランティア活動を「自発的におこなう社会活動、地域活動」ととらえ、様々な分野で多 くの人が活動をしています。今日、ボランティア活動への関心の高まりと価値観の多様化の中で、ボランティア活動に対する意識や考え方も変わってきました。 「少数の人がおこなう特別な活動」ではなく、「誰でもできる身近な活動」になってきました。活動内容も福祉、文化、環境、災害、まちづくり、国際協力など 実に多くあり、幅広い年代の人たちが活動に参加しています。

ボランティアは誰でもできる活動です

ボランティア活動は、一緒に活動する仲間ができたり、学習することで新しい発見をしたり、感動や喜びが得られる活動で す。同時に、社会や地域では今何が求められているのか、自分たちには何ができるのか、問題を解決するためにはどうしたらよいのか、共感する仲間とともに考 え行動していく社会性、創造性のある活動です。特別な技術や知識がなくてもできるボランティア活動はたくさんあります。大切なのは、あなたの気持ちと行動 力です。

■ボランティア活動の4原則

「自発性」 個人の自由な意思に基づいて、自分から進んで行なう活動。
「社会性」 すべての人々がともに支え合い、学び合うことを目的とした活動。
「無償性」 地位、名誉、金銭などの見返りを求めるものではなく、信頼と微笑みが原動力となる活 動。
「創造性・開拓性」 それぞれの個性を尊重し、自由な発想やアイディアによって創り出していく。

ボランティアをするときの心構え

1.身近なことから
自分にあった身の回りのことからまず手がけ、できることから始めましょう。
2.相手のニーズに合わせて
善意の押し付けではなく、相手の気持ちになり、相手が本当に求めていることを理解して、そのニーズに合わせて活動 しましょう。
3.無理をしない
活動を続けるには無理をしないことが大切です。自分のできるとき、できる範囲で活動しましょう。
4.約束や秘密を守る
活動は人と人との信頼によって成り立っています。約束は必ず守りましょう。
活動をとおして知った相手のプライバシーに関することは絶対に口外しないでください。
5.相手の自立を妨げない
ボランティアは相手の自立を助けるものです。必要以上に手を出すことはかえって相手の自立を妨げることになりま す。
6.学習を心がける
活動を始めてからも、研修や学習を怠らず、常に活動に必要な知識や技術を高めるよう努力しましょう。
7.謙虚さを失わない
お互い対等な立場であることを忘れずに。
8.周囲の理解を得る
ボランティア活動は身近な人の協力が必要です。家族や職場などの理解を深めましょう。周りの温かい理解や協力が あってこそ良い活動になります。
9.問題を感じたら、まず相談
不安なこと、心配なことがあったらひとりで抱え込まずに活動の責任者等に相談しましょう。
10.安全に活動する
ボランティアとしてできる範囲を考え、無理をせず活動しましょう。万が一の時のためにボランティア保険の加入をお すすめします。

▲ このページのトップへ




ボランティアセンターってどんなところ?

「何かボランティア活動をやりたいのですが…」、「視覚障害者の外出をサポートしてくれるボランティアを探してくださいますか」、などなど、ボランティ アセンターでは、ボランティアに関する様々な相談に応じています。ボランティアの活動先や、ボランティアをして下さる方を紹介したり、現在ボランティアを している方々へ情報提供などのお手伝いもしています。お気軽にお越しください。

住所 石岡市大砂10527番地6 ふれあいの里石岡ひまわりの館内
電話 0299(22)2411
FAX 0299(22)2440
営業日時 月曜日~土曜日
(但し日曜日、祝日及び12月28日~1月4日は除く)
午前8時30分~午後5時15分

ボランティアセンターの主な業務内容

相談・紹介・斡旋

ボランティアに関する相談や活動の紹介・斡旋

人材の発掘・育成

ボランティア実践者研修会、手話奉仕員養成講座や朗読ボランティア養成講座など、各種ボランティア養成講座・研修会の開 催

ボランティアの支援

・活動に関する情報の収集及び資料の提供
・ボランティア活動機材の貸し出し(無料)

貸出品

申請書兼誓約書を記入の上、石岡市社会福祉協議会へお申し込み下さい。

福祉機器等利用申請書兼誓約書

 

アイマスク

 

白杖

 

高齢者疑似体験セット

 

点字版

▲ このページのトップへ




ボランティアサークルの紹介

ボランティア活動保険

石岡市社会福祉協議会に登録しているボランティアサークルをご紹介します。各サークルについて詳しくは、ボランティアセ ンターまでお問い合わせ下さい。

ボランティアサークル一覧 >>

ボランティア活動保険のご案内

ボランティア活動中に、「ボランティアがケガをしてしまった(させてしまった)!」という時のために、“ボランティア活動保険”があります。

詳 しい内容はこちらへ >>

▲ このページのトップへ




ボランティア養成事業

■手話奉仕員養成講座

期間 5月~2月(全25回)
対象 市内在住か市内にお勤めの方
講師 聴覚障害者協会会員
受講料 2,000円(テキスト代を含む)
その他 内容は、入門コースと基礎コースになります。

■朗読ボランティア養成講座

期間 8月~12月(全10回)
対象 市内在住か市内にお勤めの方
講師 元茨城放送アナウンサー
受講料 無料

■ガイドヘルプボランティア養成講座

期間 12月2日、9日(全2回)
対象 市内在住か市内にお勤めの方
講師 障害者支援施設「光風荘」職員
受講料 無料

■傾聴ボランティア養成講座

期間 8月~9月(全4回)
対象 市内在住か市内にお勤めの方
講師 茨城いのちの電話研修スタッフ
受講料 無料

■ボランティア入門講座

期間 7月23日(金)
対象 市内在住か市内にお勤めの方
講師 県・市社協職員、ボランティア連絡協議会役員 他
受講料 無料

■点字・点訳ボランティア養成講座

期間 6月~11月(全10回)
対象 市内在住か市内にお勤めの方
講師 障害者支援施設「光風荘」職員
受講料 無料(但し、点字版、テキスト自己負担)

▲ このページのトップへ




児童・生徒ボランティア実践活動普及事業

目的 児童・生徒が地域での身近な福祉活動の実践や体験学習を通して福祉の精神を 学び、社会福祉に対する理解と関心を高めるとともに、これら活動をすすめるなかで 家庭や地域社会における福祉意識の啓発を図ります。
対象 市内小中学校
内容 ・福祉意識啓発活動
・社会福祉についての調査活動
・体験学習活動
・社会福祉施設への訪問、見学及びボランティア活動
・地域社会での交流活動や奉仕活動
・社会福祉関係行事への参加、協力
・各種募金活動への参加、協力
助成金 70,000円

▲ このページのトップへ